今度は、一人でも・・・

私は「なんですか」と言われてしまった。